クレジットカード現金化って何だろう

クレジットカードのショッピング枠を現金にする方法をクレジットカード現金化といいます。
これには自分で行う方法と専門の業者を利用する方法があります。
前者の場合はブランドバッグや新幹線のチケット、商品券などをクレジットカードのショッピング枠を使って購入し、これを金券ショップやリサイクルショップなどで売ることで現金を得る方法です。
後者は、専門業者が指定する品物をクレジットカードで購入し、この特典としてキャッシュバックを受けるという方法です。
この方法のメリットはすぐに現金が手に入ることです。
最近はクレジットカードが使える場面が多いですが、日本ではまだ現金しか使えないケースが少なくありません。
また、現金を調達する方法としてキャッシングがありますが、これには審査がありますし、現金を手にするまでに時間が掛かる場合もあります。
また、そもそも必要な時に現金がない人というのはキャッシングの審査に通らないケースも少なくありません。
そのため、審査なしで現金が手に入るクレジットカード現金化というサービスが登場したという背景があります。

クレジットカード現金化は厳密に言えば違法ではありませんが、限りなくブラックに近い手法であることを知っておく必要があります。
実際、クレジットカード会社の規約では禁止されており、判明した場合にはカードの強制退会や一括請求などを求められるので注意が必要です。
また、個人情報流出の可能性もあります。
さらに、実質的に支払うことになる金利が貸金業法の法定金利を越える可能性があります。
そもそもお金に困っている人が不利な条件でお金を借りることになるため、返せないリスクを高める恐れがあります。
そのため、この方法は限られた人しか使ってはいけません。
例えば、数日以内に確実にお金が入る場合や絶対に返せると革新している人だけが使える方法だと考えましょう。
この方法を利用した場合、債務整理で不利になることもあるので気軽に利用しないことが非常に大切です。