クレジットカード現金化の違法性やリスクについて

クレジットカード現金化のサービスを初めて利用する場合は、違法性やリスクが気になるという人も多いでしょう。
まず違法性に関しては、現金化サービスというのは、買取方式の場合だと一度商品を購入した上で商品を買取ってもらうだけなので、その行為自体には違法性はありません。
それに業者側も、売買契約に関する書類を作成しているため、何かあった場合でも物品が取引された証拠を示すといった対応を行ってくれます。
ただし現金化サービスを行っている業者の中には、書類作成等の手続きをしないまま、その場でクレジットカード決算を行ってそのまま現金を渡すというケースもあります。
その場合は、物品の取引を行ったことを証明できないため本来禁止されているショッピング枠を使った現金化を行ったと見なされてしまい、利用停止処分や信用情報機関への通告といった重いペナルティが課されてしまいます。
ですので業者選びをする際も、きちんとした手続きをしてくれる業者かどうかをチェックしておく必要があるでしょう。
そしてもし不当な現金化だとみなされてしまった場合、逮捕されてしまうのではないかと不安になる人もいるでしょう。
しかし利用した分のお金をちゃんとカード会社へ支払ってさえいれば、利用者側が逮捕されることはないため、その点は心配する必要はないでしょう。

クレジットカード現金化のサービスを利用するリスクに関しては、本来禁止されている行為なので、カード会社から不正利用だとみなされてしまうと利用停止等の処分を受けることを知っておく必要があります。
そして特に新幹線の回数券や金券、ブランド品といった換金率の高いものを多く購入すると不正利用だと疑われてしまうため注意が必要です。
なので業者を選ぶ際は、クレジットカード会社から目を付けられるような方法を取っていないかどうかということを十分確認することが重要です。
そして現金化サービスには悪徳業者存在するため、その点にも注意しておきましょう。